読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Long Ride and Free Ride

ロードバイクで自由に走り回ることが好きな人のブログ。略して「ロリフリ」

車とバイクの接触事故を目の当たりにした

f:id:katsuhiro1229:20150930224632j:plain

~ 予定は予定、決定にあらず ~ 

 

 

不幸なことって何故か続いたりしますよね?

「負のスパイラル」に陥ってる時は、大抵何をしてもダメなものです。

何をやっても上手くいく事はないのにっ、、、!!

 

みなさま、最近調子はどうですか?

(僕はもてぎ以降1回もロードバイクに乗れていません orz ) 

 

さて、先月の話になるのですが

国道134号の海岸線沿いをロードバイクで走っていた時のことです。

平日にも関わらず車は大渋滞!

葉山・逗子の辺りはいつもああなのでしょうか?

車の左側をすり抜けで時速20~25kmで走ってました。

 

少し前には大型バイクに乗ったおじさん。

僕より少しスピードが出てたので時速30km前後でしょうか。

 

大きなバイクが路側帯と車の間をすり抜けるすり抜ける。

車種はHONDAのCB1300ボルドール。

f:id:katsuhiro1229:20151113121748j:plain

 

 

「いいなぁ~。ボルドール、400ccのやつなら買いたいなぁ」

なんて事を考えながら、バイクについて走っていたら

 

 

 

バ ン っ ! ! 

 

 

と、大きな音がしたと同時に

バイクのおじさんが歩道に吹っ飛ばされていました

当然、僕もスピードを落とし急停止します。

 

どうやら、ダンプの助手席に乗っていた人が

後方確認をしないで、いきなりドアを開け

タイミング悪くバイクのおじさんに直撃したようです。

 

因みにこの時、車道の信号は赤ではなく

ただたんに渋滞で進みが悪かっただけです。

 

おそらく、 

すぐ先にあるコンビニでも行こうと思ったのでしょう。

 

怪我はないか、救急車を呼ぶか?と思い

近寄ったところ

 

バイクのおじさんとダンプのおじさんの

 

飛び交う罵声の嵐

 

僕は笑顔で、二人をスルーした。

 

 

もし、ドアが開くタイミングが10秒でも 遅かったら

僕が事故に遭っていたかもしれません。

 

バイクのおじさんは、しっかりと革ジャケットを着込み

下半身も厚手のジーンズといったライダー的な服装だったので

おそらく大きな怪我はなかったと思います。

スピードもそれほど出ていませんでしたし。

 

しかし、ロードバイク乗りの格好はどうでしょう?

肌に密着した薄手のサイクルジャーシ&軽さ重視のヘルメット。

大してスピードが出ていなかったとしても、これは危険です。

 

そして、

これはモーターバイクもロードバイクも共通ですが

 

大事な相棒に傷がっ!!!!!

肉体よりも精神的なダメージが計り知れない!!!! 

 

 

 

 

と、いう訳で

今回のケースでの対策方はズバリ

 

 

すり抜けをしない

 

 

ということになってしまうのですが、

それじゃあ、あんまりな話(というか無理)なので。

渋滞中、車をすり抜けする時は、

 

・スピードを出しすぎない

・いつでも止まれるようにブレーキに手をかける

・歩道側にコンビニ等があった時は、

 急に車から人が降りてくるかもしれないので要注意

 ・左足のクリートはいつでも外せるように意識しておく

 

などなど

安全第一を意識して走れたらと思います。

 

 

【今日の一曲】

 

奥井亜紀 - Wind Climbing ~風にあそばれて~

www.youtube.com